品川美容外科クリニックの肩こりボトックス治療を受けたいと検討中だが、実際の効果が気になっているという方は多いでしょう。品川美容外科の「プチ肩こり治療」は、メスを使用せずにプチ整形のような感覚で受けることができる治療法となります。

そこでこのページでは、品川美容外科クリニックのプチ肩こり治療の特徴や効果、料金に関して紹介していきます。ひどい肩こりで悩んでいる方は、ぜひご一読下さい。

プチ肩こり治療の詳細を公式サイトで確認する

プチ肩こり治療の特徴

品川美容外科クリニックのプチ肩こり治療はメスを使用した手術とは異なり、強いコリがある部分に注射をするだけの簡単な治療となります。ダウンタイムもほとんどないので、治療後はすぐに日常生活に戻れるというのも安心できるポイントです。

ダウンタイムとは……美容整形の用語で、治療や施術をしてから回復するまでの時間や期間のことを言います。

処置にかかる時間は、注射をするだけなので5分から10分程度と短くなっています。事前にクリニックに予約をしておくと、すぐに治療を終えることができるので、仕事の合間や買い物の途中でも治療を行うことができます。

注入する薬剤について

プチ肩こり治療で使用する薬剤はボツリヌス・トキシン製剤です。このボツリヌス・トキシンはタンパク質の一種で、たくさんの国で認可を受けている安全性の高い製剤となり、これまでに何万件と治療に使われているが後遺症や副作用は確認されていません。

プチ肩こり治療で使用する薬剤は、Medy-Tox社製のNeuronox(ニューロノクス)、もしくはアラガン社のボトックスから選ぶことができます。

Neuronoxは美容先進国の韓国で製造されているボツリヌス・トキシン製剤で、アラガン社製のボトックスと効能はほぼ同じです。韓国だけでなく世界約40ヶ国で使用されています。

ボトックスはアメリカのアラガン社が製造しているボツリヌス・トキシン製剤で、30年以上の臨床実験や60ヶ国以上での使用実績があります。日本の厚生労働省も承認しており、 FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けています。

※ボトックスというのはアメリカのアラガン社が国際商標権をもっているので、ボトックスと同じ成分で同じ効果が得られるボツリヌス・トキシン製剤は名称が異なったり、ボトックスよりも低価格で提供することができます。

プチ肩こり治療の効果

ボツリヌス・トキシンには筋肉の収縮を弱める作用があるため、肩のコリ部分に注入することで、凝り固まった筋肉の緊張を緩めることができます。その結果、肩がほぐれて肩こり解消へと繋がります。

また、筋肉がガッチリと凝り固まってしまう肩太りや筋肉太りの方にもプチ肩こり治療はオススメです。盛り上がった筋肉にボツリヌス・トキシンを注入することで、筋肉がほぐれて肩のラインが滑らかとなり女性らしいラインへと仕上がります。