肩こりがひどい時に行う対処法は様々です。整体やマッサージ、ストレッチ、適度な運動など数多くあります。中でも手軽に行える方法の1つは、クリームや軟膏を塗るという方法です。

そこで、このページでは肩こりを緩和させるクリームの効果や、どう活用したらよいのかについてまとめました。

肩こりを緩和できるクリームや軟膏について

肩こりの症状を軽減できるクリームや軟膏は、ドラッグストアなどでも手軽に購入することができます。商品名を聞けば、CMなどでも見たことがあるという方も多いはずです。

では、そうした商品はどのような効果があるのでしょうか?

・肩こりにより生じる痛みを和らげる
・血行を促進して、筋肉の緊張を和らげる

主にこうした作用がある成分が配合されています。

おすすめの肩こりが緩和できるクリームや軟膏

では実際に肩こりの緩和に効果が期待できるおすすめのクリームや軟膏をご紹介していきます。

小林製薬「塗るズッキノン軟膏」15g

塗るズッキノン軟膏は、ひどい肩こりで頭痛が起きている人などにおすすめです。肩や首筋に塗ると、有効成分サリチル酸メチルが配合されているので、血流を良くし、筋肉の緊張を緩和させてスッキリさせてくれます。

ドラッグストアやAmazonなどのネットショップなどで900円前後で購入することができます。

興和株式会社「バンテリンコーワクリームEX」35g

バンテリンコーワクリームEXは、インドメタシンやトコフェロール酢酸エステルなどが配合されています。そのため、肩こりで固まってしまった部分の血流を良くして、痛みを取ってくれる効果を期待できます。こちらも900円前後で購入可能です。

久光製薬株式会社「フェイタスクリーム」50g

フェイタスクリームは抗炎症作用や鎮痛作用があるフェルビナクという成分が使われています。そのため、肩こりによる痛みを抑え、痛みが作られる物質の生成を抑制してくれるのです。

微香性なので、日中も周りを気にせず使用できます。Amazonでは1,100円前後で購入することができます。

クリームや軟膏などを使用する際の注意点

手軽に使えるクリームや軟膏をご紹介してきましたが、使用に際して注意点もあります。あくまでも一時的に痛みや症状を和らげるものであって、根本的な治療とはなりません。

また、長期に使ったり、肌に合わなかったりすると肌荒れや湿疹などを起こす可能性もあります。その場合は、すぐに使用をやめて病院を受診するようにしてください。

そして、肩こりを根本的に解決するために、生活習慣を見直してみることなどを行いつつ、一時的な対処方法として用いるようにしましょう。

まとめ

塗るだけで肩こりの痛みや筋肉の緊張を緩和させることができるクリームや軟膏があることについて取り上げました。一時的に症状を和らげることが期待できる商品がたくさん販売されています。

自分に合ったものを適切な方法で活用して、肩こり解消を目指していきましょう!