ボトックス注射という言葉は知っているが、イマイチどういうものか分からない……肩こりにボトックス治療が良いと聞いたが本当かどうか気になる……そもそもボトックスとはなんなの……

近頃は肩こりを解消するために病院やクリニックでボトックス治療をする人も増えてきています。ボトックス治療は、しわやシミを取るために美容クリニックで使われることを知っている方は多いでしょう。

そこで今回は肩こりボトックス注射とはどんな注射なのかについて解説していきます。肩こりで悩んでいる方、肩こり注射について調べている方は、是非、参考にしてください。

ボトックスとは

ボトックスとはボツリヌス菌から取れるたんぱく質の一種です。筋肉が緊張している部分にボトックスを注入すると、その緊張を和らげ抑制する働きがあります。神経伝達物質である「アセチルコリン」が伝わるのを弱めてくれるからです。

1997年から日本でも厚生労働省により認可されていて、様々な目的の治療に使用されています。

肩こりボトックス注射とは

ボトックス注射を肩こりに使用すると、肩や首の痛みを抑える働きがあります。また、凝り固まった筋肉をほぐす作用があります。筋肉の緊張を和らげるため、肩こり自体の症状も打ってから1週間後ぐらいには軽減され始めます。

そして、肩こりボトックス治療は効果の期間も長いのが特徴的で、個人差はありますが一度の治療で約三ヶ月から半年ほど持つとされています。

他にも、肩こりだけでなく、背中をスッキリとさせることもできるようです。筋肉が盛り上がっている人には、そのハリが取れるため、背中の空いたドレスを着たいという時などに使用することもできます。

肩こりボトックス注射の副作用

「肩に注射を打つなんて怖い」「後から痛みが出たりしないの?」という不安を感じている方もいるでしょう。肩こりボトックス注射の副作用は基本的にはほとんどないとされています。

ただし、注射をしてから数日間は違和感が残ったり、内出血が生じたりすることがあります。また、質の悪いボトックス注射を使用した場合、腫れてしまうことがあるようです。

見分け方の一つに費用があります。ボトックス注射は自費診療となるため、クリニックなどによって値段が異なります。

相場として3万円から5万円ぐらいとされています。安いところは、1万円以下のところもありますが、そういう場合はすべてとは言えませんが注意が必要と考えられています。

まとめ

肩こりボトックス注射とはどのようなものかについてまとめました。基本的な情報をお伝えしましたが、いかがでしたか?

肩こりの痛みやコリをほぐす働きがあるため、肩こりにお悩みの人は試してみたいと思うことでしょう。もし、行う場合は注意点もよく考慮したうえで、信頼できるクリニックで行うようことが大切です。