肩こりの症状を緩和できる肩こりボトックス注射を受けてみたいけれど、治療後に何かしら自分でケアする必要があるのか気になっている方もいるでしょう。治療後に手間がかかったり、時間がかかるようなことはしたくないのでしょう。

そこで、肩こりボトックス注射をした後のケアや過ごし方についてまとめました。

肩こりボトックス注射をした後の注意点

肩こりボトックス注射の施術自体は、5分から10分ほどで終わります。その当日は次のような注意点があります。

・熱いお風呂に長時間つからない
・サウナや岩盤浴などをしない
・激しい運動はしない
・お酒を飲みすぎないこと

こうした点に注意をするようにすすめられています。その理由は、どれも血流が良くなるからです。

血流がよくなると注射した部分の血流も良くなって腫れが出てきたり、内出血が生じて青あざのようになったりすることがあります。注射した日は、軽いシャワーで済ませるほうが良いです。

避けるべき点はいろいろありますが、アフターケアとして特に行う点はありません。ですから、注射を打ってもらうだけで、手軽に肩こりを軽減していけるというのはいつも肩こりでつらい思いをしている方にはお勧めの治療法と言えます。

肩こり注射をした後の変化について

肩こり注射をしたら早い人では、2~3日後に肩の状態の変化を感じ始めます。そして多くの人は1週間後ぐらいに、肩こりの症状が和らいでいるのを感じるでしょう。

その後、肩のハリや痛みが減っていき、3か月から半年ほどその効果が続きます。効果の持続時間は人によって差があります。

注射の効果が終わった時にまた注射を打ってそれを何回か繰り返していくと、効果が出る期間が伸びたり、半永久的に肩こりを経験しないでよい肩になる可能性があります。

マッサージを受けるよりコスパが良い

費用的には肩こりボトックス注射は自費診療となるので、1回3万円から5万円ぐらいが相場です。ですが、半年ほど効果が持続するとすれば、高すぎるということはないかもしれません。

マッサージや整体の場合、その直後は症状が楽になりますが長続きはしないでしょう。そして、トータル的に費用を計算すればボトックス注射よりも高くなるかもしれません。

こうしたメリットを考えると、人によってはマッサージよりボトックス注射のほうがお得で、症状の改善具合も良いかもしれません。ただし、どんな治療でもそうですが、注射なので人によっては合わない場合もあるのでデメリットも考慮したうえで決めてください。

まとめ

肩こりボトックス注射のアフターケアについてお伝えしましたが、参考になったでしょうか?ボトックス注射をした当日は注意点がいくつかありますが、基本的には日常生活を送ることができ、特にアフターケアはいりません。

日々の肩こりにお悩みの方、ボトックス注射で軽くなった肩を経験してみませんか?